未分類

わたしがパサパサ汚髪からうるツヤ髪になった方法

投稿日:

髪の毛のケア用品はドラッグストアやバラエティーショップに売っているものからサロン専売品、意外なものまで多岐に渡っていて、その価格もさまざまだと思いますが、このヘアケアだと予算がかからないことがメリットです。
あと、特別なものは使わないので、肌に合わなくてかぶれたりといった危険性がほぼゼロであることも安心でいいと思います。
また、髪の毛がまとまりやすくなるので、翌朝のヘアセットがらくなのもメリットかと思います。

髪が乾燥していると汚く見える、何を着ても清潔感がない

髪の毛が乾燥していると、パサついているので綺麗な髪の毛の条件であるツヤは出ないですし、乾燥していると爪や肌と同じで硬く脆くなってしまうので切れ毛になる原因になります。
切れ毛が増えると、切れて短くなった毛がピンピンはねて滑らかではないですし、それによってさらにパサつきが強調されて美しい髪の毛とは程遠い状態になってしまいます。
ツヤは出ないしきちんと手入れされていない感じになってしまうと思います。
原因としては髪の毛を長く伸ばしていることと、カラーリングを繰り返していることと、最近だと紫外線対策が適切にできていなかったことだと思います。
あとは生まれつきの体質で、髪の毛が元々乾燥しやすいというのもかなり大きな要因だと思います。

毎日のシャンプー後のドライヤーでのケア

温度が高いほうが水分は蒸発して乾燥しやすいということは、小学校の理科の授業でも習ったことだと思います。
その原理はもちろん髪の毛も例外ではありません。
だいたいの人は、毎日、または汗をかいたり汚れたりした時はシャンプーをして髪の毛を水で洗い流していると思います。
そしてその濡れた髪の毛を乾かすために、ドライヤーで熱風を浴びていると思います。
その熱風の当てすぎが、髪の毛の水分を過剰に奪いすぎて髪の毛が乾燥する原因に繋がっています。
なので、髪の毛を乾かすときは熱風を当てすぎないことが大事です。
もちろん濡れた髪を乾かすので、最初は熱風で髪を乾かしていいのですが、ある程度乾いたら冷風にして、蒸発しすぎた水分を髪の毛に戻してあげてください。

気長に毎日の積み重ねが大事です

肌や傷と同じで、何かをして翌朝見違えるといったことは髪の毛でもほぼないと思います。
特に乾燥に関しては、日々のケアで徐々に潤していくしかないです。
髪の毛は毎日熱風を当てすぎないで乾かして、最後は冷風で水分を髪に戻してあげることと、あとは戻った水分が蒸発す角を抑えるために、オイル系の洗い流さないトリートメントで髪の毛をコーティングしてあげるとさらに良いと思います。
ドライヤーの前にオイル系トリートメントを塗布しておくのも、髪の過乾燥を防ぐのに有効だと思いますが、ミルク系だと逆に水分が蒸発することもあるみたいなので気をつけてください。
また、だったら自然乾燥がいいのでは?と思うかもしれませんが、髪の毛は濡れているときが1番ダメージに弱いので、濡れている時間が長いとキューティクルが剥がれて余計髪が痛んでしまうので、自然乾燥もやめた方がいいです。

-未分類

Copyright© 人権福祉支援 , 2019 All Rights Reserved.