未分類

自分ではわからない加齢による薄毛とその対策方法についてまとめてみた

投稿日:

薄い髪の毛に悩んだ時にまず考える世の中にあるメジャーなケアとして、育毛シャンプー、塗り薬があると思います。自分もテレビCMや友人の話からまずはシャンプーによるケアから試してみましたが、期待した効果は感じることがなく、継続はしませんでした。まぁシャンプーで解決するなら世の中そんなに苦労はないですよね。
続いて試したのがリアップ。友人が使っているので、真似して買ってみました。値段も7000円以上するので頑張った感があります。唯一の発毛効果が認められた薬のように宣伝していたので、3か月以上継続することという指示にも従ってトライ。でも髪の毛は生えてきません。
次はクリニックで買ってみたフィナステリドという飲み薬。医者に相談して買った薬なのでやはり期待大。他のクリニックでも処方しているものらしく、効果を信じて毎日飲み続けたものの効果なし。
今は最後の手段としてアートネイチャーに通っています。

頭皮下に溜まった脂から始まった薄毛物語

頭皮がだんだんと膨らんでコブ状になってきたことに気づき医者に診てもらったところ、脂がたまってるから切開して取り出すことになりました。簡単な形成手術なのですぐ終わったのですが、切った傷口のところからはもう髪の毛は生えないと言われました。当時は薄毛なんて考えていなかったので迷わず処置したのですが、それから20年経って困ったことになっています。
手術後は傷口だけの一本線なので目立たなかったものが、年齢とともに拡大して自分では許せないレベルに。
あの時手術をしなければよかったとは思わないのですが、髪にも配慮した処置はなかったかなと少し後悔しています。親類には薄毛の人はあまりいないので自分も悩むことはないだろうと若い頃から感じていたのですが、将来ハゲるのかと悩んでいます。

ダイレクトな解決手段の人工増毛ケア

今はアートネイチャーのマープという増毛施術を受けています。無料お試しから始まって更なるお試しコース1万円。説明も受けて、まずはやってみようと決心しました。値段はホームページにも出てないのですが、結局50万円くらいのコースを選びました。
まずは効果が感じられるレベルまで人工毛を自分の髪の毛の根元に取り付け、そこからはツキイチくらいのペースでメンテをするのですが、はじめの「効果が感じられるレベル」がなかなか難しいと思います。付けても付けても、結構地肌が見えるんです。1時間で付けられる人工毛の数には限りがあり、たくさんつければ自分が購入した在庫がそれだけ早くなくなってしまうので痛し痒し。
はじめに購入した数千本の人工毛がなくなってしまうとまた同じ値段で購入せねばならないのが辛いところです。
シャンプーする時に自分の髪の毛と一緒に人工毛も抜けてしまうのも困ったものです。

若い時からのヘアケアはとても大切

子供の頃から髪の毛が多いと言われ、まさか薄毛に悩むなんて思わなかった自分ですが、今ではローンを組んで人工毛を付けるケアまでしています。これは継続しないといけないものなので、どこかで諦める時が来るはず。
こんなことをしなくても済むように、若い頃から色々と気をつけておけば良かったと後悔しています。とはいえ今悩んでいない若い世代にそれを言っても響かないのかなとも思います。でも気づいた時にはもう遅いんです。白髪になるのも嫌でしたが、今は白髪でもいいから髪の毛がある方が良いと思うようになりました。こまめなシャンプー、髪に良い食べ物を食べることなど、できることは沢山あります。スキンヘッドにしてしまう勇気があれば解決ですが、いつまでも若々しい自毛でいたいならヘアケアは怠らないことをお勧めします。

-未分類

Copyright© 人権福祉支援 , 2019 All Rights Reserved.