未分類

太くて硬い乾いた髪にヘアオイルを塗れば少しは柔らかくなる?どれくらい効果あるの?

投稿日:

お肌のケアをするとき、化粧水をつけたあと乳液やオイルをつけますよね。水分をお肌にいれても、それを蓋するものがないと意味がありません。髪の毛のケアもそれと同じです。お風呂で髪の毛を洗ったあとそのままにしていると、せっかく髪についた水分が吹き飛んで、より乾燥してしまうのです。乾燥してしまうと、髪がよけいにごわごわになってしまいます。硬い髪を少しでも柔らかくしたいという方は、入浴後のヘアオイルで髪に潤いを取り戻すことをおすすめします。

ずっと、風になびかない髪が嫌だった

私は生まれつき毛が濃いです。また、父の遺伝なのか、毛が太くて硬いので、無駄毛がより目立ちます。髪の毛についても同じです。生れつき太くて硬かった髪は、風が吹いてもよっぽどのことがないとなびくことはありません。それに、友達がしているようなヘアアレンジも、なかなか思うようにはできません。
そのことを気にしていながらも、私はヘアケアに長い間無頓着でした。髪を洗ったあと長い時間乾かさなかったり、シャンプーとリンスだけでトリートメントをしなかったりと、今思えば髪の毛には本当によくない生活をしていたと思います。そんな生活をしていたからか、髪の毛はずっと太くて硬いまま、ヘアアレンジもできずに不自由なまま年をとってしまいました。

ヘアオイルをつけて、髪に潤いを与えるケアを!

何よりも大切にしていたのは、髪の毛を乾燥させないということです。お風呂に入ってから髪の毛を乾かさず時間が経ってしまった……なんてことのないように生活を改めました。また、水分を逃がさないようにするために、髪を軽く乾かしたあとに洗い流さないトリートメントをつけることにしました。
ところがこの洗い流さないトリートメントですが、種類によっては髪の毛がキシキシしてしまったり、変な匂いがしたりと、自分に合うものを見つけるまでにかなり時間がかかりました。
そうして見つけたのは、ヘアオイル。オイルであれば香料のきつい匂いもしませんし、しっかり蓋をして水分を保ってくれます。
お風呂上がりにすぐスキンケア、ヘアオイル、ドライヤーを続けざまにするようにしたことで、なんとか少しずつ状況が改善してきました。

少しずつでも髪は柔らかくなるからあきらめないで!

私の髪の毛が柔らかくなるのに、かなりの時間がかかりました。自分に合うシャンプーやトリートメントを探したり、美容院や髪型を探したり。それでも、まだまだ人と比べて羨ましいと思ってしまうことがよくあります。
しかし、10年前の私が完全に諦めていたら、今の私はまだ不自由で、髪に悩む生活を送っていたと思います。そこで思うのが、ヘアケアは忍耐強さが大切ということ。自分に合うケアを見つけるのもそうですが、毎日しっかりケアを続けることで改善できることは必ずあります。保湿などは本当にそうです。
手っ取り早いのは、歯みがきをするのと同じように、お風呂、スキンケア、ヘアケアを毎日の日課にしてしまうことだと思います。きっと少しずつ改善できるので、諦めないで続けてくださいね。

-未分類

Copyright© 人権福祉支援 , 2019 All Rights Reserved.