未分類

夜のお手入れにひと手間のパックで美肌維持

投稿日:

年を重ねると、ハリや潤いが急激に減っていくように思います。寝ればリセット!という事は、肌にも感じられなくなるので、少しでも美肌を保つためのスキンケアが必要になってきます。その方法として、パックは効果的に、ハリや潤いを与えてくれます。洗顔後のパックをする前とパックをした後の、肌のモチモチ感やしっとり感の差は、しっかりと感じる事が出来るので、その肌を少しでも維持できるようにパックはオススメできるスキンケアの一つです。

シートパックでしっかり水分補給

普通にスキンケアを塗ったり、パッティングをしていくよりも、時間をかけてしっかり浸透させる事ができます。顔の表面に化粧水や美容液をつけるだけのスキンケアよりも浸透率を考えると、ぐっと効果があります。シートパックで、化粧水や美容液をしっかりと密着させる事で肌の奥に浸透します。パックの時間を守る事で、乾燥する前に、乳液やクリームなどの油分で潤い成分が逃げてしまわないようにフタをしてあげると、パックの効果を最大限に発揮させる事ができます。スキンケアと言うと、目に映る表面だけが気になりますが、肌には3つの層でできているので、見えない肌の層の部分にも栄養を与えてあげないと、目に見える肌の部分だけのスキンケアではしっかりと潤う事が出来ません。

いつものスキンケアにパックを足す事で肌が柔らかくなりました

若い頃は、自分が肌が乾燥するなんて思ってもいなかったのですが、年齢を重ねる度に、乾燥が気になるようになりました。
乾燥すると、シワやシミ、たるみといった様々な肌トラブルに連鎖して悩みが増えます。メイクの仕上がりも悪くなります。
乾燥したままの肌に、メイクをしていくと、肌に小さな傷がつくのではないか?と思うほどの感覚になります。パックのスキンケアを足す事で、乾燥肌に潤いが戻ってきます。そして、ハリが出ます。日々のスキンケアに取り入れる事で、どんどん肌が柔らかくなり、手でつまむとその変化はよく分かります。全く触り心地が変わります。メイクのノリもよく仕上がりが全く違います。自分の手で顔を触るのが楽しくなります。

できるだけ、ながらスキンケアを楽しみましょう

スキンケアをする、と意気込むとなかなか続かないと思います。パックは、つけた時間を確認して、外す時間まで、テレビを見たり、別の事をすると、スキンケアをしなければ、とか、スキンケアの時間を作らないと、と思わなくても、気楽にスキンケアができると思います。でも、効果が現れ出すと、スキンケアも楽しくなるので、すぐに結果を求めすぎずに、ゆったりした気持ちでするといいと思います。スキンケアの手順を決めてしまえば、習慣づける事が出来るので、そんなに負担になりません。毎日の食事と同じ感覚で、食べたら片付ける、というように、お風呂に入った後はスキンケアを心がけると、続ける事も面倒に思わず、それが普通の日常になっていくと思います。

-未分類

Copyright© 人権福祉支援 , 2019 All Rights Reserved.