子ども基金活動

00_ichren-5平成24年度の日本の所得の中央値は、432万円となっており、216万円以下で生活をしている人が貧困ラインを下回っているという事となります。

これに当てはまる人が日本には16.3%、18歳未満の子どもの6人に1人が相対的貧困者となっています。

00_ichren-5b大人が1人の家庭の子どもの相対的貧困率は54.6%と、大人が2人以上いる世帯15.1%と比べて非常に高い水準となっています。

長野県のひとり親家庭は、母子家庭が23,630世帯(H27年6月1日現在)で、母子家庭の55.1%が年収200万円未満(H27年度統計)となっております。

母子家庭などの方でお子様が成長するにつれ
生活を切り詰めてもお困りですよね?
でも人並みな事はしてあげたい!
私達も応援してあげたい!

入学、進学にお困りの方 ご相談下さい!
ランドセル、給食費、学生服、入学金、なんでも!
お子様に関わる事でしたら、私達も応援します!

活動内容

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。